サンリングループスタッフブログ

お客様の様々な「生活」をサポートするサンリンスタッフの生の声をお伝えしていきます。

「社内イベント」の記事

第2回中級管理者研修

2018年06月11日:リフォーム部 溝口

皆さん、こんにちは。リフォーム部の溝口です。

長野県も梅雨入りして、ジメジメした蒸し暑い天気が続いています。

さて、本日は6月5日(火)に実施をした“第2回中級管理者研修会”の様子をお伝えします。

P1040260.JPG

当社は『変化に対応できる人材の育成』を今年度の経営方針に掲げ、どんな困難にでも挑戦できる逞しい社員を育成するため、積極的に人材育成に取組んでいます。

P1040244.JPG

その人材育成プランの一環として、今年度も課長代理・課長職の社員を対象とした中級管理者研修会を開催しました。

P1040258.JPG

今回もビジネスコーチ株式会社の安室先生を講師にお迎えしました。
安室先生にはこれまでも当社の様々な職位にあわせたマネジメント研修でお世話になっています。

自身の豊富な経験を活かした分かり易い解説と、時に厳しい指導により、出席者も集中して研修会に参加することができます。

P1040274.JPG

今回の研修会でも、課長・課長代理の管理者が組織の中でリーダーシップを発揮するための、理想のリーダー像やリーダーに求められる基本的なスキルを教えていただきました。

一般的に管理職になると自分自身の成果やスキルアップよりも、組織としての成果や部下の育成が重要な業務になると言われています。

P1040278.JPG

チームが成果をだすためには、部下のやる気を引き出し、チームを同じ方向にむけて全員で目標達成を目指さなければなりません。

そのためにまず必要なことは、リーダー自身の “仕事力” と “人間力” が大切になります。

今回の研修会でも特に、“リーダー自身の人格” と “部下との関係性の向上” が重要である、と安室先生から教えていただきました。

P1040263.JPG

確かに、マネジメントにおいて小手先のテクニックをいくら身に付けても、リーダーと部下との基本的な信頼関係ができていなくては、相互理解が深まらずに組織としての成長も見込めません。

この “部下との関係性の向上” は非常に難しく、私も昨年の研修会で安室先生に教えていただいてから、常に意識をして行動していますが、頭に染み付いた自分の価値観をなかなか変えられずに苦労をしています。

P1040256.JPG

このマネジメントの基本的な考え方は、国内で500万部売れた歴史的ベストセラーであるデール・カーネギーの「人を動かす」という本にも詳しく記載されています。

デールカーネギー.jpg

私は上司に勧められて本著を読みましたが、自己啓発本の原点と言われているこの本の中でも、組織を動かす中で大切なことは  “相手の行動を全て承認する” “相手に誠実な関心を寄せる” ことだと書かれています。

P1040282.JPG

この2つの大切な考えを理解して、実行していれば、 部下への関心を持つ → 共感領域をみつける → お互いの気持ちを理解する というステップを踏むことで、お互いの関係性の向上が可能となります。

しかし、このように文章にすると簡単な気がしますが、実際に普段から行動をするとこれがなかなか大変です・・・

P1040284.JPG

どうしても、『人の話しを聴かない』『相手を否定する事を言ってしまう』・・・など、自分自身の悪い癖はついつい出てしまい、その癖を直すことは難しいものです・・・

この難しさがあるからこそ、マネジメントの道は険しく、多くの人が悩み続ける所以かもしれません。

P1040266.JPG

安室先生には傾聴やコーチングの技術も含めて、今回の研修会でもマネジメントの基本をたくさん教えていただきました。

また、今回もグループに別れて実践を想定したワークも多く取り入れたので、参加した社員それぞれが得ることが大きな研修会になりました。

P1040248.JPG

当社では今後もお客様に親しまれ、信頼されて、地域の生活に貢献できるように、人材の育成に取組んでまいります。

 

 

平成30年度入社式

2018年04月03日:総務部 寺澤

皆さん、こんにちは。総務部の寺澤です。

4月になり、当社では新しい年度がスタートしました。

本日は4月2日(月)に開催した平成30年度の入社式についてご紹介いたします。

P1040199.JPG
               塩原社長訓示

当社では今年度、10名の新入社員が入社しました。

社会人としての一歩を踏み出した新入社員の皆さんは、きっと期待と不安で一杯だったのでしょう。

会場のサンリンホールに集まった新入社員の皆さんは緊張している姿が非常に初々しく感じられました。

P1040193.JPG
                辞令交付

その様子を見ていると、30年近く前に自分が入社した当時をふと思い起こし、こちらまで身が引き締まる思いがしました。

新入社員の皆さんへは一人ずつ辞令が交付され、塩原社長から訓示の言葉を頂きました。

P1040190.JPG

この瞬間から新社会人としての人生がスタートとなります。新入社員の皆さんは決意を新たに緊張した面持ちで辞令を受取っていました。

P1040203.JPG
             新入社員代表挨拶

新入社員代表である中野支店配属の柳澤優多さんからは『向上心を持って一生懸命働き、地域の皆様の暮らしに役立てるようになりたい。』と頼もしい答辞を頂きました。

P1040209.JPG
            先輩社員歓迎の言葉

先輩社員であるウエルカムステーション給油所の下伏幸輔さんからは、昨年自分が入社した時を振り返りつつ、今度は先輩としての立場から、頼もしい挨拶を頂きました。

立派な挨拶に、入社して最初の1年間の成長の速さに改めて感心させられます。

P1040189.JPG

その後、青木労働組合委員長の歓迎の言葉が続き、式終了後は全員での記念撮影をした後、ホテルブエナビスタに場所を移して昼食会が開かれました。

P1040227.JPG
             本社前での記念撮影

これから新入社員の皆さんは各事業所に配属となり、様々な仕事に挑戦していきます。毎日学ぶことが沢山あるかと思いますが、まずは会社に慣れ、早く一人前の“サンリンマン”、“サンリンウーマン”になって頂きたいと思います。

IMG_0070 ブエナビスタケーキ.JPG
ブエナビスタ様のご好意で、サンリンマークのデザートをサプライズで作っていただきました!
とても美味しかったです。 ありがとうございます!!

初々しい皆さんがサンリンという会社の中で、どんな“立派な人”に育っていくか、今から非常に楽しみにしています。

同じ会社の一員としてともに頑張っていきましょう!

御入社おめでとうございます!!

 

 

2018年 永年勤続者表彰式

2018年01月19日:総務部 高橋

皆さん、こんにちは。総務部の高橋です。

さて、本日は1月13日(土)におこなわれた永年勤続者表彰式の様子をご紹介いたします。

当社グループでは毎年 “サンリングループ永年勤続者表彰式”と称し、勤続年数が10年・20年・30年・40年と節目を迎えた社員に対して、労をねぎらい表彰を行っております。

今年の表彰式は当社グループで総勢36名の社員が表彰対象となり、松本市のホテルブエナビスタにて開催された表彰式へ参加しました。

2018einenn 1.JPG
          表彰式 出席者の様子

近年こうした表彰式を開催しない会社が増えているようですが、当社グループにおいては、長年勤務していただいた社員の労をねぎらい、次の10年に向けての一つの節目として、表彰式を大切にしております。

当社は社員の離職率が低く、定着率が高いため、毎年多くの永年勤続者が表彰式に出席します。

 

初めにサンリングループ各社社長から、表彰状と記念品が授与されました。

2018einen 2.JPG
        【勤続30年社員表彰】

2018einen 3.JPG
        【勤続10年社員表彰】

サンリングループを代表して、塩原社長より挨拶がありました。

2018einenn4.JPG
         【塩原社長挨拶】

「ここにおられる皆様の長年の努力があって今の会社がある。そのことに感謝するとともに、長年その社員を支えて頂いたご家族への感謝の気持ちも忘れてはならい。」との挨拶に心を動かされました。

その後、各年代の受賞者代表による謝辞が述べられました。

2018einenn 5.JPG
     【勤続40年代表による謝辞】

2018einen 6.JPG
       【勤続30年代表による謝辞】

2018einenn 7.JPG
      【勤続20年代表による謝辞】

2018einen 8.JPG
       【勤続10年代表による謝辞】

 

それぞれの年代の方の入社した当時の時代背景や、仕事での経験談を聞いていると、感心させられるとともに、懐かしさも感じました。

私達も“諸先輩方が積上げてきた信用があって今の会社がある”という気持ちを大切にするとともに、その信用を次の世代へ継承していきたいと感じました。

式典後は懇親会が開催され、久しぶりに会う同年代の社員同士、和やかな雰囲気の中、昔話に会話がはずんでおりました。

 

受賞者の皆様、本当におめでとうございました!

これからの公私においての益々のご活躍を期待しております!!

 

 

2018年 明けましておめでとうございます

2018年01月04日:リフォーム部 溝口

新年明けましておめでとうございます。

2018年も宜しくお願いいたします。

皆さん、お正月はいかがお過ごしでしたか?

長野県内は比較的穏やかな天候のお正月となりました。

CIMG6287.JPG

2018年が充実した1年になるように、気持ちも新たに目標に向かって業務に取組みたいと思います!

今年も本ブログで当社の取組みや、お役に立てる情報を発信してまいりますので、引続き宜しくお願い致します。

CIMG6285.JPG

サンリングループは本日が仕事始めとなります。

サンリン本社でおこなわれた “仕事初め式” の様子をご紹介いたします。

当社では毎年1月4日に関係社員がサンリンホールに集まり、新年のスタートを祝います。

CIMG6299-2.jpg

社員一同が決意を新たに固める式として、1年の幕開けにふさわしく厳かに執り行われます。

初めに国家斉唱をおこない、塩原社長より年頭の挨拶がありました。

『今年は世界の情勢も私達の業界も変化の激しい年になる。 変化の波に何もせず、ただ身を任せるのではなく、変革意識と新しい事に挑戦する気概を持ち、地域密着企業としてお客様に選ばれる会社を目指さなければならない。』 という塩原社長の挨拶を聞き、私も身が引締まる思いがしました。

CIMG6292-2.jpg
          塩原社長 新年の挨拶

その後、社員を代表して年男の藤澤社員と年女の中野社員が新年の抱負と決意を述べました。

二人とも自分のたてた目標に向かってひとつひとつ確実に取組みたい、という素晴らしい挨拶でした。

CIMG6302.JPG
          年男 藤澤社員挨拶

最後に今年初めての社員憲章と社歌の斉唱をおこない、仕事始め式は終了となりました。

その後、柳澤会長の乾杯の挨拶により、懇親会をおこないました。

CIMG6305.JPG
          年女 中野社員挨拶

私も今年は 『お客様のお役に立ち、喜んでいただく』という商売の基本に立ち返り、地道に少しづつ目の前のできる事に挑戦をしていきたいと思います!

正月休みでしっかりと充電できたので、今年も皆さんと元気よく歩んでいきたいと思います!

 

CIMG6315-2.jpg
            柳澤会長 挨拶

サンリンは新しい年を迎えるにあたり、より一層お客様から信頼され、選ばれる会社を目指し努力をしてまいります。

本年も社員一同、皆様の御健勝と御多幸を心よりお祈り致します。

2018年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

今年もありがとうございました!

2017年12月29日:リフォーム部 溝口

皆さん、こんにちは。リフォーム部の溝口です。

今年も残すところあと僅かとなりました。
思い返すとあっという間の1年でしたが、2017年は皆さんにとってどんな年だったでしょうか?

securedownload ボーリング1.jpg
       本社・中信支店のボウリング大会です

今年も労働組合のイベント「社内ボウリング大会」が各店所で開催されました。

このボウリング大会は社員の親睦を深めることを目的として、毎年1回おこなわれます。

上位に入賞した社員には商品が用意されているので、高得点を狙ってプレーにも熱が入ります!

securedownload ボーリング2.jpg

各レーンでストライクやスペアがでるとハイタッチをして盛り上がります!

色々な社員の普段の仕事とは違った表情を見る事でき、同僚の新たな一面が分かると嬉しい気持ちにもなります♫

今年のボウリング大会もそれぞれが楽しみ、社員同士の絆を深める良い機会となりました。

 

イナガス支店社員旅行.jpg
        イナガス支店 社員旅行!

さて、サンリンではこの他にも、秋のソフトボール大会や各店での社員旅行や暑気払いなど、社員同士の交流を深める機会が多くあります。

最近では社員が集まるイベントをあまり開催しない会社もあると聞きます。

しかし、社員同士の親睦が少ないと、プライベートな会話を話し合えるほどの信頼関係が築けず、仕事も個人プレーに走ってしまいがちになります。

また、部下も仕事で悩みを抱えていても気軽に相談できる相手がいなく、メンタル面を病んでしまうケースもあるのではないでしょうか?

DSC_0560.jpg
  飯田支店・座光寺SSは  “飯田りんごん”  に参加しました!

 

厚生労働省のデータによると、新卒者が入社して3年以内に離職する割合は30%以上になるそうです。

一方サンリングループでは過去3年間に数十名の社員を採用しましたが離職者はほんの僅かです。

国内の全業種の中でもガス・電力等のエネルギー業界の離職率が最も低いので、当社もその傾向にあるとも言えるかもしれません。

しかし、なぜ離職者が少ないのかを考えると、給料体系・福利厚生・休日日数・・・など様々な社内制度はもちろん関係してきますが、 “同僚や先輩の温かさ” や “働きやすい雰囲気” “社員同士のチームワークの良さ” なども大きな要因だと思います。

会社は多くの人が集まる組織です。仕事をスムーズに進める為にも社員のコミュニケーションを密にしていく事はとても大切になります。

当社には80年以上の長い歴史の中で培ってきた社風のおかげで、“社員が働きやすい職場” がつくられ、それが低い離職率にも繋がっています。 

P1030571.jpg
        飯田支店社員旅行!

このブログを閲覧されている就活生の方も多いと思います。

「離職率が低い会社」=「いい会社」とは一概にいえませんが、当社には『人を大切にする』という風土が根付いており、社員は雰囲気の良い環境で長く働くことができます。

もちろん、当社の仕事には辛いことや、困難もたくさんあります。
エネルギー供給という地域のライフラインを守る仕事上、業務完遂力や責任感も問われます。

雰囲気が良いから仕事が楽という訳ではありませんが、様々な苦労をしながら、私達と一緒に自分を成長させてみませんか?

サンリンはこれからも社員が活き活きと働ける職場つくりを目指して参ります。

 

当ブログも今年最後の記事となります。

1年間、ご愛読ありがとうございました。来年もどうぞ宜しくお願い致します。

皆さん、良いお年をお迎えください。

 

 

 

2017年 本社防災訓練

2017年12月21日:リフォーム部 溝口

皆さんこんにちは。リフォーム部の溝口です。

寒さが本格的に身に染みる季節になりましたね。毎朝、布団からでるのが辛い今日この頃です。
 

さて、12月12日(火)にサンリン本社にて防災訓練がおこなわれました。

いつ発生するか分からない災害に備え、社内でのルールつくりや情報共有をして、実際に訓練で実践をする事はとても重要になります。

実際に災害が起こると多くの人がパニック状態になってしまうそうです。
そんな時にマニュアルだけではなく、少しでも避難訓練のイメージが残っていれば、行動は違ってくると思います。

今回は火災発生の周知→初期消火→通報→避難誘導までがスムーズに行なえるように、本社社員が参加をして訓練をおこないました。

CIMG6257.JPG

訓練の時間になると、「4階給湯室から火災が発生」というシナリオで、火災報知器の警報音が鳴り響きました。

訓練と分かっていても、社内に緊張した空気が張りつめます。

火元を確認後に、放送担当者が社員への周知と初期消火活動を館内放送します。

CIMG6252.JPG

初期消火班は火元の4階に移動をして、消火栓を使って疑似的に初期消火を実践しました。

私も消火班として疑似的な初期消火を担当しました。
初めて屋内消火栓を操作しましたが、止水栓の位置やホースの長さなどを確認でき、とても良い経験ができました。

P1040060.JPG

消火活動と同時に、統括者が消防署への通報と社員の避難を指示します。

再び放送担当者が社員の避難を館内放送して、各階避難誘導係の指示に従い、避難通路から正面玄関前に移動をしました。

P1040064.JPG

誘導係のスムーズな先導により、在社していた全社員が速やかに避難をする事ができました。

その後、安否確認と避難状況の報告をおこない、避難訓練は無事に終了しました。

P1040065.JPG

続いて、山形消防署より講師の方にお越しいただき、消火器の取扱い講習をおこないました。

今回は訓練用水消火器を使用して消火活動を体験しました。

この日は日中の気温が2℃と大変寒く、体験に参加した社員は震えながら消火器を操作しました。

P1040069.JPG

水消火器の安全ピンを抜き、レバーを握ると勢いよく水がでてきます。

本当の火災では粉末状の消火剤がもっと勢いよく噴出されるそうです。

コツとしては、火元の手前側からホウキで掃くようにホースを操作すると効率よく消火できるとの事です。

P1040072.JPG

ご指導いただいた山形消防署の担当者様、ありがとうございました。

 

災害時には自分の持っている知識だけでは混乱してしまい、対応できないことがあります。

実際に一連の訓練を体験することで危険予知や事前の心構えができ、さらに避難時の行動改善にも繋げることができると感じました。

今回の防災訓練を通じて、さらに社内の防災意識を高めて災害に備えていきたいと思います。

 

 

2017年 第2回ビジネスマナー研修会

2017年12月19日:総務部 寺沢

皆さんこんにちは。総務部の寺沢です。

本日は、11月17日(金)に行われました、「第2回ビジネスマナー研修」についてご紹介します。

この研修はパナソニック様のご協力のもと、「オフィスMAP」半田量子先生を講師にお招きしておこなわれました。

DSC_0396-2.jpg
              オフィスMAP 半田先生

ビジネスマナーを向上させる事は、職場に良い人間環境を作り、またお客様の信頼を得る事につながり、更には会社のイメージアップを図る事ができます。

CIMG6241.JPG
           名刺交換のロールプレイングの様子です

4月19日に今年度第1回の研修が行われ、今回が第2回目となりますが、今回は特に管理職の参加を募ったところ、支店長7名、支店長代理3名を含む合計34名が参加しました。

DSC_0421.jpg

講義内容としては、初めに座学で「ビジネスマナーの重要性」・「マナーの基本、心得」・「職場のマナー」を教えていただきました。

その後、「ビジネス電話対応」・「クレーム電話対応」・「来客、訪問マナー」などをグループワーク・ロールプレイングで実践して、多岐に渡る場面でのマナーに関して教えていただきました。

DSC_0404.jpg

マナーとは「自分がどう思うか」ではなく、“相手(お客様)がどう感じるか” が重要になります。

あらためて実践をしてみると、日頃自己流でおこなっていたマナーの間違いや、いい加減だった所作に気付き、大いに反省をしました・・・・

CIMG6239.JPG

質問の時間には、今まで知らなかった立振る舞いや疑問に思っていたビジネスマナーを教えて頂き、本当に有意義な研修となりました。

DSC_0417.jpg

その後は、茂木常務による「CS(顧客満足)活動がなぜ必要か」という題目で “地域密着を掲げる当社には、お客様の立場に立って考え、行動し、お客様の期待以上のサービスを、全社員が均一に、高いレベルで提供する事が必要である。” との講義を受けました。

DSC_0446-2.jpg
                茂木常務 講義

前回に続き、内容の濃い、参加した社員全員がそれぞれに大変充実した研修となりました。

当社ではこれからも社員の人材育成に努め、お客様に満足して頂ける企業を目指して参りたいと思います。

 

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 »