サンリングループスタッフブログ

お客様の様々な「生活」をサポートするサンリンスタッフの生の声をお伝えしていきます。

2019年 スキルアップコンテスト

2019年10月24日:リフォーム部 溝口

皆さん、こんにちは。 リフォーム部の溝口です。

この度の台風19号による災害で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

本日は9月13日(木)に開催をした、『2019年度スキルアップコンテスト』についてご紹介いたします。

P1060502.JPG P1060575 2019.JPG
            金井常務・百瀬常務 訓示

当社では、毎年この時期に営業力を競うセールストークのコンテストを開催しています。

トップ営業マンへの登竜門でもあり、社内でも注目を集めるコンテストのため、各店から選ばれた出場者は一生懸命に話法を磨き上げ、この大会に挑みます。

P1060567 2019.JPG P1060545 2019.JPG

今年度のコンテストは、各店が春先から練習を重ねてきたロールプレイングの成果を試す場として、競技をおこないました。

今年度は “雑談” をテーマに各店でロールプレイングに取組んできました。

P1060533 2019.JPG P1060606 2019.JPG

営業活動に於いて、お客様とのお取引を実現するために大切なことは「スムーズな話し方」や「上手な提案」だけではなく、まずはお客様との信頼関係が築けているかどうか、がとても重要となります。

信頼関係が築けていれば、お客様にお困り事が発生した時に、真っ先に声をかけていただける存在になることができます。

P1060580.JPG P1060525 2019.JPG

そのため今年度は、お客様と信頼関係を築くステップの1つとして “雑談力” を鍛えるロープレを各店で練習しました。

他愛のない雑談が上手にできれば、「親しみやすい人」→「気が利く人」→「この人と取引がしてみたい」と思っていただけるようになります。

また、雑談により商談の場を和やかな雰囲気にすることで、お客様との距離を縮めることもできます。

P1060543.JPG
          最優秀賞の市川社員 (上伊那支店)

P1060542 2019.JPG

そのようなお客様との良好な関係を目指して、各店所で、雑談でお客様との関係性を高めるロールプレイングの練習を4月からおこなってきました。

ロールプレイングは、お客様役・営業役・観察者役の3人1組になり、その日のテーマを決めてその内容について5分間雑談をして、その後サンリンでんきのセールストークをおこないます。

DSC00348 2019.JPG
           優秀賞の宮澤社員 (長野支店)

5分間の雑談と聞くと簡単な気がしますが、自分の知らない話題で会話を盛上げることはなかなか難しく、気まづい空気になり5分間がとても長く感じることもあります・・・

雑談で最も大切なことは、「自分が何を話すか」ではなく、「相手に何を話してもらうか」です。

お客様に気持ちよく話してもらうためには、お客様の話しに耳を傾け、共感することが最も重要になります。今回、営業役として競技に出場した社員は、支店の仲間の協力を得て、一生懸命に「聴き方」を練習してきました。

P1060516 2019.JPG
          敢闘賞の竹下社員 (安曇野支店)

この日のコンテストでも、雑談を重要な採点項目として、競技をおこないました。

雑談のテーマは「盆栽が趣味のお客様」「山登りが趣味のお客様」「油絵が趣味のお客様」「ジャズの鑑賞が趣味のお客様」・・・・等、全部で10種類のテーマが用意され、クジ引きで決まったテーマに対して5分間の雑談と、サンリンでんきのセールストーク(5分間)をおこないました。

上手に雑談を交わす出場者は、お客様役の話しに耳を傾け、“あいづち”や“心情理解”のセリフを上手く使い、共感をしながら雑談を盛上げていました。

10分間という短い時間でも、お客様役の拘りをしっかり聞き、距離を縮めることで信頼関係を上手に築いていました。

DSC00353 2019.JPG
            敢闘賞の深澤社員 (中野支店)

各出場者ともにレベルの高い中でおこなわれた今年度のスキルアップコンテストの上位入賞者は、以下のような結果となりました。

 

最優秀賞・・・・・・市川社員 (上伊那支店)

優秀賞・・・・・・・宮澤(裕)社員 (長野支店)

敢闘賞(3位)・・・・・竹下社員 (安曇野支店)

敢闘賞(4位)・・・・・深澤社員 (中野支店)

 

上位入賞者の審査結果は僅差となりましたが、皆素晴らしいセールストークを披露していました。

特に最優秀賞の市川社員は、上伊那支店で毎日全員で取組んできたロールプレイングの成果を発揮して、ジャズという難しい雑談のテーマでしたが、素晴らしいセールストークを披露しました。

DSC00373 2019.JPG P1060554 2019.JPG
    高野部長 総評

今年度は難しい内容のコンテストとなりましたが、出場した全ての社員それぞれが自分の課題を発見できたと思います。

このコンテストを今後の営業活動の糧にして、より高い営業スキルを身につけて欲しいと思います。

 

サンリンでは、今後もお客様のお役に立てる社員の育成を目指して、日々人材育成に努めて参ります。

また、コンテスト以外にも、研修会や日々の勉強会を通じて、お客様から選ばれ、信頼される会社を目指して参ります。