サンリングループスタッフブログ

お客様の様々な「生活」をサポートするサンリンスタッフの生の声をお伝えしていきます。

「リフォーム」の記事

大規模リフォーム

2017年12月07日:リフォーム部 溝口

皆さん、こんにちは。リフォーム部の溝口です。
12月になり師走の風が身に染みる季節になってきました。

さて、本日は飯田支店が施工をした大規模リフォームについてご紹介いたします。

CIMG4360.JPG CIMG4391.JPG
             施工前の小田切様邸の様子です

当社では「水廻り」「内装」「塗装」「外構」等、様々な種類のリフォームを施工していますが、住宅全体を新築のようにに仕上げるリフォームも手掛けています。

今回のお客様である小田切様は、お子様ができた事をきっかけに、2世帯の家族が同居できるように住宅をリフォームする事になりました。

CIMG5343.JPG CIMG5405.JPG
        住宅を解体して、大規模なリフォームをおこないました!

築40年以上になる住宅はキッチン・トイレ・お風呂の設備が古くなり、床や階段もきしむようになってしまいました。

また、窓廻りにはアルミのサッシと単板のガラスが使われているため、冬になると冷気が部屋に入ってきてしまい、寒さが辛いことが悩みでした。

0025_xlarge.jpg 0006_xlarge.jpg
     施工中に現場にいらしたお施主様と加工作業をする大工さんです

そこで、飯田支店小池社員の提案により既存の住宅を解体後に、住宅の構造を修繕して水廻り等をやり直すリフォームをおこなう事となりました。

0037_xlarge.jpg

また、全ての窓サッシには内窓を設置して、床や壁には断熱材を新たに入れることで寒さ対策もおこないます。

0055_xlarge.jpg
今回はプロのカメラマンさんに撮影をしていただきました。 下宮様ありがとうございました!

暖房は温水暖房システムとして人気があるエコワンを採用して、家族が集まるLDKには床暖房のパネルを敷設しました。

0063_xlarge.jpg
                  2階の寝室

9月から3ヶ月に渡って工事がおこなわれ、先日、無事にお引渡しとなりました。

住宅の壁・床・天井は全て新しくなっており、新築住宅のような仕上がりです。

0051_xlarge.jpg
                1階の居室

1階に3部屋あった和室はご両親の寝室や客室として残しました。
梁や柱が壁の外にある“真壁”と畳のある和室は、日本家屋の伝統的な造りを感じる事ができます。

0092_xlarge.jpg

古さを活かしながらも暮らし易さを考え、襖や障子など使えるものは再利用しました。

新しく敷いた畳はい草の良い匂いがして、連続するは和室は旅館のような雰囲気が感じられます。

0059_xlarge.jpg
                 完成した和室です

最近の新築住宅では和室を見ることが少なくなってきましたが、土・木・紙などの自然素材を多く使った空間にいるとなんだかホッとして、懐かしさも覚えます。

0094_xlarge.jpg

夏になれば、大きな窓を開けてそよ風をとり入れれば、お昼寝をしたくなってしまう程の気持ちが良い空間だと思います。

0075_xlarge.jpg

2階は間取りを替えて、若いご夫婦とお子様の寝室を造りました。
和室の真壁からクロスを張った壁にリフォームをして、床もフローリングにしました。

プライバシーがあり、デザイン性も高く、若いご夫婦がゆっくりと休める空間が完成しました。

0036_xlarge.jpg

小池社員が一番拘って設計したスペースが1階のLDKです。
キッチンの配置を変えて、6人家族がくつろげて団欒できる広い空間をつくりました。

南面の窓を大きくとり、床暖房が敷かれたスペースは寒い冬でもポカポカです♪

0090_xlarge.jpg
                  完成したLDKです

給湯・暖房には電気とガスの良いとこどりをしたエコワンを導入することで、ご家庭のエネルギーを効率よく利用できるようになりました。

古いキッチンには無かった食洗機やラック式の吊戸棚もつき、使い勝手も各段に良くなりました。

0100_xlarge.jpg 0103_xlarge.jpg

さらに、最新式のガスコンロとお掃除の手間がいらないレンジフードを設置したので、奥様にも大変喜んでいただきました。

0079_xlarge.jpg 0077_xlarge.jpg

先日引渡し式も終わり、小田切様には今回のリフォームを大変喜んでいただきました。

最近では新築を建てるよりも、先祖代々から引継いだ住宅を安価でリフォームして“住み継ぐ”若いお客様も増えてきました。

0032_xlarge.jpg 0093_xlarge.jpg 

当社では住宅の状態を診断して、使える部分は残して傷んだ箇所を修繕するリフォームのご提案を致します。

もちろん、お客様のライフスタイルに合わせた間取変更やお好みのデザインに変更するリフォームも可能です。

0018_xlarge.jpg
    小田切様、この度は本当にありがとうございました!

最近では年々増え続ける空家対策が大きな問題になっていますが、古い日本家屋の良さを活かしながら、快適性と暮らし易さを確保できるリフォームで古民家を再生させる事ができます。

私達がお客様に最適なご提案をしますので、大規模リフォームもぜひ当社にお任せ下さい。

 

 

ガーデニング

2017年08月21日:リフォーム部 溝口

皆さんこんにちは。リフォーム部の溝口です。
8月だというのにスッキリしない天気が続いていますね。今年の夏は猛暑だと聞いていましたが、予想外の涼しい夏になってしまいましたね。

さて、本日は当社で施工をしたガーデニングをご紹介いたします。

サンリンは住宅の水廻りのリフォームを得意としていますが、外構やガーデニングなどのエクステリアリフォームも数多く手がけています。

今回はその一例として、イナガス支店丸山社員の自宅でつくり上げた素敵なガーデニングをご紹介いたします。
丸山社員は今年、念願のマイホームを新築しました。

securedownload.jpg securedownload (1).jpg
    娘さんと施工中の住宅です。         新築が完成しました!          

このオシャレな新築住宅も、丸山社員が設計に関わり、当社で施工をしています。

春先に住宅が完成し、それに併せてずっと夢を膨らませていた “子供と一緒に遊べるガーデニング” の実現に向けてプランニングを始めました。

securedownload (2).jpg securedownload (15).jpg
     ガーデニング施工中の様子です。 土を鋤取り、砕石を敷均します。

懇意にしている庭屋さんと相談をして、スタイリッシュな外観の住宅と一体となり、尚且つ家族が心を休め、一緒に楽しむ時間が持てる庭つくりを目指しました。

施工は庭先の土を鋤取り、砕石を敷き均し、そこにレンガや枕木を設置する工事から始まりました。

砕石仕上げとなる部分は30cm土を鋤いて、防草対策としてRC40の再生砕石を20cmも敷き、その上にC30の砕石で仕上げるこだわりの仕様になっています。(RC40やC30は砕石の種類や粒度の事を言います。)

securedownload (16).jpg securedownload (4).jpg
        枕木でつくった砂場とレンガのモニュメントです。

庭のデザインのポイントとしては、キューブ型のシンプルな住宅に対して、曲線や円形を随所に使っている点です。

植栽やガーデンアーチは一度配置を決めると、簡単には移動できないため、庭屋さんや奥さんと何度も相談をしながら、オブジェの位置などを決めていったそうです。

また、使った材料も様々な仕入先からお手頃で派手すぎない材料を調達して、なるべく安価にでき、更に住宅にマッチした庭になるような工夫もされています。

花壇やモニュメントに使用したレンガは通常の四角い西洋レンガとは違い、敢えて色むらがあり、丸みを帯びたレンガを使用して、温かさを演出しています。

securedownload (3).jpg securedownload (6).jpg
         高麗芝を植えると庭らしくなってきました。

工事は芝生のスペースに高麗芝と植栽を植えて完成となりました。

記念樹となる植栽は春から夏にかけて花を咲かす “ナツツバキ” と、 秋に花を咲かす “キンモクセイ”  の常葉樹を植えたので、季節ごとに花や緑を五感で感じる事ができます。

 

約2週間かけて工事は完成しました。

いかがでしょうか? 素晴らしい庭になりました!

securedownload (5).jpg

丸山社員の夢であった、家族全員で遊べ、団欒の時間がもてる空間が完成しました。

この出来栄えにはご家族も大満足で、特に2人のお子さんは毎日庭で遊ぶ事を楽しみにしているそうです。

securedownload (10).jpg

特に砂場は近所の子供達に大人気で、絶好の遊び場になっているそうです。

また、この庭を見て『素敵ですね』と仰っていたご近所の数軒が、最近ガーデニングに着工し始めたそうです。

securedownload (9).jpg securedownload (7).jpg
           古い枕木を家庭菜園やオブジェに使っています。

ガーデニングはちょっとした贅沢感・非日常感が味わえる、家族にとって大切な空間です。

サンリンでは家族の成長と共に末長くお使い頂け、ホッと落着けるお庭をご提案致します。

securedownload (8).jpg securedownload (12).jpg

家族が笑顔でワクワクできるガーデンエクステリアはぜひ当社にお任せ下さい!

 

 

 
 
 
 

建築施工管理技士決起大会

2017年08月02日:リフォーム部 溝口

皆さん、こんにちは。 リフォーム部の溝口です。
8月になり寝苦しい夜が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

さて、本日は2級建築施工管理技士の資格取得についてご紹介いたします。
サンリンでは建築工事・大工工事・屋根工事・内装工事等の建設業を登録しています。

それぞれの工事に主任技術者を定めて、リフォームの現場管理をするために、毎年管工事施工管理技士・建築施工管理技士の資格を取得するように努めています。

今年も各店所より選抜された10名の社員が2級建築施工管理技士を受験するため、本社において決起大会をおこないました。

CIMG5214.JPG

建築施工管理技士はリフォーム現場において、品質管理・工程管理・安全管理をおこなうために必要な知識が求められる資格です。

出題範囲は施工管理から建設業法まで幅広く、学科試験だけではなく、過去に自分が関わった施工経験記述も採点の対象となります。

難易度は高い試験ですが、昨年受験した9名の社員は学科試験を全員合格するという快挙を達成しました!(全国の合格率51%)

CIMG5220.JPG

今年度受験する10名の社員も過去に様々な資格を取得してきた優秀な社員で、勉強のコツも掴んでいるので、今年も良い結果が期待できると思います。

決起大会では年間スケジュールの確認や学習方法の説明等をおこないました。

学科試験の学習方法は “ケイタイもん” という問題集を使い、毎月200問弱の過去問を解いていきます。

いきなり問題集から挑戦するため、最初の正解率は30%ほどですが、数ヶ月間、何度も同じ問題を解くことで最後は全員が合格ラインに達することができます。

さらに、問題で分からなかった箇所は社内講習会で学習をするので、より建築施工に対する理解を深めることができるのです。

CIMG5218.JPG

更にこの日は施工経験記述の問題にも挑戦しました。

過去に経験した現場での、自身の施工管理経験を記入します。
受験する社員は悩みながらも知恵を振り絞って解答を書いていました。

この施工経験記述は後日講師の先生により添削され、個別指導が受けられるので、より合格に近い解答を習得できます。

CIMG5224.JPG

私達は様々な建築の資格試験に挑戦して、社員の知識を向上する事で、お客様に品質の高いリフォームを提供して参ります。

今後もお客様から当社のリフォームを選んでいただけるように、“信頼と安心”が得られるように様々な挑戦をおこない、“お客様に寄り添った会社”を目指して参ります。

CIMG5222.JPG

今年も2月の合格発表には全員合格できる事を願っています。

受験者の皆さん、11月12日の試験日まで長丁場ですが頑張って下さい!

 

まちづくりCAFE "まっさんち"

2017年07月26日:リフォーム部 溝口

皆さん、こんにちは。 リフォーム部の溝口です。

梅雨が明けましたが、局地的な大雨が降り不安定な天気が続いていますね。

さて、本日は以前このブログでご紹介した、古民家再生カフェの様子をご紹介いたします。

今年の春先まで当社諏訪支店がリフォームをした茅野市泉野にある古民家再生カフェですが、オーナーである正橋さんの夢が叶い、5月27日(土)に無事オープンとなりました。

CIMG5240.JPG

八ヶ岳の麓にあるその可愛らしいカフェは “まっさんち” という名前で営業をしています。

私もリフォームのお引渡し以来、久しぶりに訪問をしてまいりました。

CIMG5246.JPG

オーナーの正橋さんご夫妻は鎌倉から完全に移住され、憧れの山に囲まれた田舎暮らしを満喫されています。

その正橋さんが経営している “まっさんち” は茅野駅から車で20分ほどの静かな場所にあります。晴れている日は八ヶ岳と南アルプスの山々を眺めることができる絶好のロケーションです。

CIMG5250.JPG

この辺りの標高は1,000m以上あり、真夏の時期でも空気が乾燥してとても過しやすい地域になります。

私が伺った日は、松本市の最高気温が35.5℃の猛暑日でしたが、まっさんち周辺の気温は何と28℃しかありませんでした!

ma027.JPGのサムネイル画像
      上の写真の施工前の様子です。大リフォームをしました。

高原のカラッとした爽やかな風がとても気持ちよく、暑さの質が全く違います。

店内にはエアコンもありませんが、大きく開放された窓から高原の風を感じ、美しい景色を眺められ、最高の贅沢を味わう事ができます!

CIMG5245.JPG
    店内からの景観です。天気が良いと目の前に南アルプスが望めます。

お店の中に入ると、築100年になる古民家の懐かしさや温もりを残しつつ、モダンなカフェ空間がお客様を迎えてくれます。

しかも、重厚な梁や柱はそのまま残っているので、天井を見上げるとこの建物の歴史の重みも感じる事ができます。

お店に立ち寄った際には、ぜひ立派な梁や柱にもご注目下さい。

CIMG5251.JPG

さて、カフェのメニューですが、地元で採れた野菜を使ったカレーや日替わりプレート等を味わうことができます。

この日は“チキンと胡瓜のカレー”をいただきました。

CIMG5248.JPG

実は私は大のカレー好きで、自分でホールスパイスからカレーを作ったり、美味しいお店を食べ歩くことが大好きです。

まっさんちのカレーは見た目から美味しそうな予感がしましたが、食べてビックリ! 私の好みにぴったりのとても美味しいカレーでした。(^^)v

CIMG5267.JPG

ひと口食べると、クミン・クローブ・カルダモン・コリアンダーがベースとなった心地よいスパイスの香りが広がります♪

でも、完全なインドカレーかと言えばそうではなく、野菜の甘さと深いコクが相まって、とても重厚的で奥深いカレーになっています。

CIMG5270.JPG

さらにカレーの上に添えられたフライドオニオンやパクチーを混ぜると、違う風味がアクセントとして加わり、たまらない美味しさになります!

少しタイのマッサマンカレーにも近い感じがしましたが、この味は“まっさんち”でしか食べられないオリジナルのカレーです。

正橋様にお聞きしたところ、日によって使う野菜を変えるため、グリーンカレーやレッドカレーがメニューに載る場合もあるそうです。

次はぜひ違うカレーにも挑戦したいと思います♫

CIMG5272.JPG

また、付け合せのサラダも地元で採れた野菜に拘っているとの事でした。

2種類のジャガイモを混ぜて、ビートで鮮やかな色に仕上げたポテトサラダと、新鮮な野菜をカレーの合間に食べると、最高の箸休めになります。(^O^)

CIMG5291.JPG

食後には正橋さんおススメのキャロットケーキも頂きました。

生地にたくさんの人参を練り込んであり、ふんわりと焼かれています。

レーズンや胡桃がアクセントになっていて、甘すぎずとても美味しいケーキでした。

このケーキの中にもシナモンやクミンなどのスパイスが入っているので、甘さの中にも複雑な香りを楽しめました。

CIMG5288.JPG

今回のブログは食レポのようになってしまいましたが、素晴らしいロケーションの中で食べるカレーとケーキは最高に美味しかったです。

また、気さくに話しかけて頂いた正橋さんとの会話も楽しく、思わず時間が経つのを忘れて過ごしてしまいました。

“まっさんち”では夜になると生ビールを飲むこともできるそうです。

美味しいお料理をツマミに、ゆったりとした贅沢な時間を過ごしてみませんか?

お店の詳細な情報はこちらのホームページをご覧ください。

 

 

松本支店 リフォーム展示会

2017年07月13日:リフォーム部 溝口

皆さん、こんにちは。リフォーム部の溝口です。

7月も中旬になり、日差しも日増しに夏らしくなってきましたね。梅雨明けが待ち遠しい今日この頃です。

さて、本日は松本支店が6月24日(土)に開催したリフォーム展示会の様子をご紹介いたします。

今回も松本支店ではクリナップのショールームをお借りして、展示会を開催しました。

CIMG4347.JPG

クリナップはステンレスに拘ったシステムキッチンが有名ですが、最近ではユニットバスや洗面化粧台においてもデザインや使い勝手の良さを追求して、とても人気があるメーカーです。

会場となった松本市笹部のクリナップ松本ショールームには、リフォームを検討されているお客様にたくさんご来場いただきました。

CIMG5156.JPG

松本支店はリフォーム経験が豊富な社員が多く、比較的大規模なリフォームも得意としています。

そんな経験豊富な社員が何種類ものユニットバスやシステムキッチンの中からお客様にピッタリの商品をお勧めします。

CIMG5149.JPG

会場ではお客様の暮らしの悩みや困り事をお聞きした社員が、水廻り設備だけではない “空間リフォーム” を提案している様子も見うけられました。

リフォームは傷んだ箇所を部分的に施工をするよりも、付随する居住空間を一緒に改修した方が長い目でみると経費を節約できる場合があります。

CIMG5157.JPG

特に、お風呂やキッチンの床下などは、経年劣化により躯体や配管設備が傷んでいる事が多いので、部分的に改修をするよりも一度にリフォームをする方が手間や費用が掛からずにお得になる場合もあります。

松本支店の社員はお客様のライフスタイルや今後の人生設計をお聞きして、将来の暮らしまで考えた最適な空間リフォームを提案していました。

CIMG5153.JPG

今回の展示会では浴室リフォームのご依頼も何件かいただきました。

当社では12月まで “浴室リフォームキャンペーン” を実施しています。

期間中に浴室をリフォームして頂くと、浴室暖房乾燥機 “バスほっと” やガス乾燥機 “乾太くん” を手に入れることができるお得なキャンペーンです!

ガス温水暖房機のバスほっとを脱衣室に設置して、予め温めておけば、冬場に衣類を脱いだ時の辛い寒さを軽減できます。

そのため、居室の温度差による血圧の急変動から起こるヒートショック現象も防ぐことができる健康にも優しい商品です♫

バスほっとは既存の天井や壁に設置する事ができるので、浴室リフォームの際には特にお勧めです。

脱衣室暖房機.jpg かんたくん.jpg
        プレゼント商品の “バスほっと” と “乾太くん” です

 

もう一つのプレゼント商品は、ガス衣類乾燥機の “乾太くん”です。

乾太くんは特に梅雨時期にはとても重宝する乾燥機で、私もイチオシの商品です!

ガスのパワフルな火力で衣類を乾かすので、電気式乾燥機に比べると圧倒的に短い時間で仕上げることができます。

空いた時間を有効に使う事もできるので、家事の時短にもなりますよ♪

また、強風で乾かすので除菌効果も期待できますし、洗濯物を天日干し以上にふっくらと仕上げることができます。

いい事づくしの素晴らしい乾燥機で本当におススメです!

CIMG5160.JPG

こんな素晴らしい商品を手に入れるチャンスはこのキャンペーン期間しかありません。
今回の企画は燃料商社のサンリンだからこそできる本当にお得なサービスです!!

『浴槽が狭い・・・』『お風呂が寒い・・・』『お掃除が大変・・・』と、お風呂でお悩みのお客様は是非この機会にリフォームをしては如何でしょうか?

私達がお客様に最適なプランをご紹介いたします。

浴室リフォームのお問合せはお近くの各支店までお気軽にご相談下さい。

 

 

長野支店 リフォーム展示会

2017年07月03日:リフォーム部 溝口

皆さん、こんにちは。 リフォーム部の溝口です。
7月になり、2017年もあっという間に折り返しとなりました。本当に月日が経つのは早いですね。

さて、本日は長野支店が6月17日(土)に開催したリフォーム展示会の様子をご紹介をいたします。

CIMG5048.JPG

長野支店では自社の倉庫を会場にして、ユニットバス・キッチン・洗面化粧台・ガス機器等の商品をたくさん展示してお客様をお迎えしました。

P1010043.JPG

今回ご協力いただいたメーカーさんはパナソニックさん・リンナイさん・タカラスタンダードさん・クリナップさん・ちくま精機さんです。

当社の展示会に協賛いただき、展示した数多くの商品をご来場されたお客様は熱心にご覧になっていました。

CIMG5041.JPG

また、今回はライフ事業部が保険相談のブースを設けたり、子会社のサンエネック株式会社による不動産ブースも用意されて、とても賑やかな展示会場になりました。

P1010037.JPG

ご来場いただいたお客様には長野支店の社員が丁寧な接客をして、暮らしのご不満やご要望をお聞きしています。

P1010020.JPG

これからお客様のリフォームの夢を実現するために、プランや見積を作成して、当社が快適な暮らしのお手伝いをいたします。

P1010013.JPG

また、今回の展示会にはお菓子屋さんの出店やクレープの移動販売車等もあり、家族連れのお客様も楽しめるイベントも用意されていました。

CIMG5044.JPG

さらに、社員によるガスコンロを使ったお料理の実演もあり、試食をしたお客様からは『こんなに簡単に美味しい料理ができるなら、今度作ってみたい!』と、大変好評をいただきました。

IMG_0082.JPG

当社では9月から11月にかけて、長野県・富山県の各店所において、“大感謝祭”を開催致します。

それぞれの地区の特色を打ち出して、お客様に満足いただける展示会を目指してまいります。

P1010035.JPG

大感謝祭の詳細はこのブログでもご案内しますので、ぜひご家族で遊びに来て下さい。

 

 

第2回浴室リフォーム研修会

2017年06月28日:リフォーム部 溝口

皆さん、こんにちは。 リフォーム部の溝口です。
梅雨の晴れ間に太陽のありがたみがしみじみ感じられる今日この頃です。

さて、本日は6月14日(水)に実施をした“第2回浴室リフォーム研修会”についてご紹介いたします。

5月に実施をした第1回研修会に続き、パナソニックさんの全面的な協力を得て、浴室リフォームの販売強化を目的とした2回目の研修会をおこないました。

CIMG4992.JPG

前回は主に建築の基礎知識や現場調査の手順について学びました。

今回はその建築知識を活かして、お客様に魅力的な提案ができるように、セールストークの強化を目的としたカリキュラムで研修をおこないました。

CIMG4999.JPG

講師は昨年に引続き、オフィスグランドアモーレの内山先生に担当をしていただきました。

内山先生は企業間競争が厳しい静岡県浜松市でリフォームの設計・施工の会社を経営されています。
そのため、お客様をその気にさせる接客テクニックや営業手法の知識を豊富にお持ちです。

CIMG5008.JPG

今回はその企業秘密ともいえる知識や情報を余すことなく教えていただきました。

研修会では初めに、参加者が自己紹介をする事から始まりました。

CIMG4987.JPG

営業の現場においては、初めてお会いする時の第一印象がとても重要になります。

お客様は営業マンの表情・身だしなみ・挨拶・姿勢などの視覚から得られる情報で、『この人なら安心して任せられる!』という判断を下すそうです。

CIMG4981.JPG

ビジネスにおいては視覚からお客様に与える印象が成果を大きく左右するファクターになるため、このマナーの部分が非常に重要になります。

内山先生から好感触を得られる表情や挨拶を教えて頂き、全員の前で自己紹介をしました。

CIMG4976.JPG

皆緊張している様子は伺えましたが、一生懸命に自分のアピールポイントを話していました。

その後は商談においてのヒアリングや洞察のポイントなどを教えていただきました。

以前のブログでも書きましたが、一方的な提案や商品の売込みはお客様にとってはストレスが溜まるだけになってしまいます。

CIMG5016.JPG

内山先生からは如何にお客様に寄り添って、ご不満を聞き出せるかがとても重要だと教えていただきました。
私もあらためて、提案をするよりも、お客様に共感する事の難しさを感じました。

その後は各グループに別れての営業ロールプレイングをおこないました。

参加者が自宅の浴室をリフォームすると仮定して、図面とパナソニックの見積ソフト『みつもローネ』で作ったプランシートと見積書を使ってプレゼンをします。

CIMG5028.JPG

“みつもローネ”はリフォームをしたい住宅の条件を入力すると、簡単に施工費も含まれた概算見積やプランシートが作成できてしまう素晴らしいソフトです。

どれくらい簡単かというと、1坪の浴室と脱衣室のリフォームであれば、15分ほどで見積書が作成できてしまいます!
かなり精度も高いので、私もお客様へのリフォーム提案の際には積極的に活用をしています。

CIMG5038.JPG

そのみつもローネで作成した見積書とプランシートを使い、お客様の悩みやご不満を解決しながら最適なリフォームを提案をします。

皆、練習した成果を試すために、お客様役の社員を相手に熱心に説明をします。

上手な社員のセールストークを聞いていると、思わず商品を買いたくなってしまうような提案もありました。

CIMG5011.JPG

普段聞く事ができない社員の営業を聞くと、自分のセールストークにはない気づきを得ることも出来るので、それだけで勉強になります。

最後に代表者3名が全員の前で営業ロールプレイングをおこないました。
内山先生と社員がお客様となり、自分で考えたプランを提案します。

お客様からの厳しい指摘もありましたが、皆熱心に営業をしていました。

CIMG5004.JPG

今回の研修会は大変中身の濃い勉強ができました。
内山先生、パナソニック様、この度は本当にありがとうございました!

サンリンではこのような研修会を継続的におこなう事で、お客様に最適なリフォームの提案ができるように社員のレベルアップを目指した活動を続けています。

今後もお客様の『リフォームの夢』を叶えるために、社員一丸となり知識や提案力の向上を目指してまいります。

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9 »