サンリンの産業用太陽光発電システム

家庭用はこちらから

産業用太陽光発電システムって?

工場・アパートの屋根、遊休地等の施設に設置する太陽光発電システムです。
2012年7月より再生可能エネルギーの固定価格買取制度が開始されました。屋根と土地を有効活用して発電した電力を売電し、20年間の安定した収益を確保出来ます。

産業用太陽光発電システムとは?

10kW以上の太陽光発電システムで発生した電力を、全て電力会社に買い取ってもらうシステムです。

産業用太陽光発電システム 図解

1ソーラーパネル
屋根に設置し、太陽の光から電気エネルギー(直流電力)を効率よく作るパネル。
2パワー
コンディショナー
ソーラーパネルで発電した直流電力を、家庭で使用できる電気(交流電力)に変換します。システム全体の運転も管理し、日中の停電時に役立つ「自立運転専用コンセント」も設置されています。
3集電箱
各ブレーカーが収納されています。
4売電メーター
発電して余った電力は電力会社へ売ることができます。その売電電力量を計測します。
5買電メーター
夜間や悪天候時など発電が少ないときは、電力会社より電力を購入します。電力をどれだけ買ったかを計測します。
※買取メーター設備によっては設置しない場合があります。

 太陽光発電に関するお問い合わせはサンリン環境事業本部または各支店まで

  • お電話の場合 : サンリン環境事業本部 TEL.0263-97-3034
  • サンリン各支店情報一覧はこちらから
  • 専用フォームご利用の場合はこちらから