サンリングループスタッフブログ

お客様の様々な「生活」をサポートするサンリンスタッフの生の声をお伝えしていきます。

上伊那支店・イナガス支店 リフォームフェア

2018年03月05日:リフォーム部 溝口

皆さん、こんにちは。リフォーム部の溝口です。

3月になり暖かい気温が続き、少しづつ春の陽気を感じるようになりました。

本日は3月3日・4日に上伊那支店・イナガス支店が参加した「タカラフェアin伊那」の様子をご紹介をいたします。

CIMG6637.JPG

伊那市で毎年この時期に開催されているタカラフェアですが、県内のタカラフェアの中でもダントツの集客を誇っており、この日も多くのお客様にご来場いただきました。

会場にはタカラの高品位ホーローを使用した、ユニットバス・キッチン・洗面化粧台が多数展示され、リフォームをお考えのお客様が熱心にご覧になっていました。

CIMG6626.JPG

ご来場いただいたお客様には、当社の社員がお客様に最適なリフォームプランをご提案しました。

これから、お客様のリフォームのご要望に応えられるように、一生懸命に対応をしてまいります。

CIMG6624.JPG

私は毎年この「タカラフェアin伊那」に参加していますが、毎回数百組のお客様を呼込む様々な工夫がされている事に驚いてしまいます。

チラシやイベントの企画などに、タカラさん独自の細かな取組みがされており、『なるほどなぁ!』と関心してしまう事も多々あります。

CIMG6635.JPG

当社も各店で感謝祭を企画・開催していますが、お客様のご来場数や成約率など、その成果は様々です。

成功している店所の要因を考えると、共通しているのは “もうひと工夫している” という事にあると思います。

 

例えば・・・・

お客様にたくさん来場していただこう!
     ↓
そのためには、お客様に手配りでチラシを渡そう。
     ↓
そのためには、・・・・

 

お客様の成約率を上げたい!
     ↓
そのためには、当社の施工事例をたくさん見ていただきたい。
     ↓
そのためには、・・・・

 

このように、成功している店所ではイベントの目的に立ち返り、その目的を達成するための企画ができているかを考えています。

「そのためには、何をする?」という質問を何度も何度も繰り返し、最善の策を練っていきます。

CIMG6640.JPG

しかし、工夫をする為には目的が明確でないと、的確なプロセスを踏めません。

目的を忘れて、「何か面白い企画をやろう」と考えて開催しても、到達したかった目標にはほど遠い成果になってしまう事もあります。

このひと工夫を考えるという手間を惜しむか惜しまないかで、イベント成功の結果を左右してしまう事もあります。

CIMG6630.JPG

 

具体的な当社の成功事例ですが、昨年の感謝祭で素晴らしい実績をあげた飯田支店では・・・・

 

「若いお客様に来場していただきたい!」
     ↓
そのためには、子供連れのお客様が気軽に来れるイベントにしたい。
     ↓
そのためには、家族の「想い出つくり」ができる企画を考えよう。
     ↓
そのためには、何かテーマを決めたイベントがいいかも。
     ↓
そのためには、ハロウィンパーティーを開催したい。
     ↓
そのためには、チラシや会場をハロウィン一色にしたい。

 

と、企画の段階から上記の目的に向かったプロセスで検討をして、“若いお客様に来場していただきたい” という想いを見事に実現しました。

私も、目標に向かって行動する時に、ついつい短絡的に考えてしまい、自分の経験則だけでイメージを作ってしまう事があります。

しかし、目的から逆算して、 『そのためには?』という問いを繰返すことで、他の方の成功体験や過去に本で読んだ知識が役立つこともあります。

 

今年の秋に開催する大感謝祭では、お客様に『サンリンの展示会に行って良かった!』と思っていただけるようなイベントを企画してまいります。

ぜひ、御期待下さい!